残土処理で使われる機材の種類を教えます!

残土処理現場で使われている機材の役割って?

男の人

大量にある不要残土は別の土を混ぜて再利用する

廃棄するのも大変な量の土がある場合には、専用機材を使って別のものを投入して、再利用するところが多くあります。

大量にある廃棄物はベルトコンベヤーで運ぶ

一気に出た大量の廃棄物はベルトコンベヤーで運ぶのが最適です。そうすることで、次の作業内容に移る前の運搬時間が短縮されます。

大きすぎる不要残土は砕いて処理しやすい大きさに変える

処理するには大きすぎる廃棄物は、粉砕機や破砕機などの機材を使って小さくします。そのあとに大きさを分けてまた小さくする作業を行なっていきます。

不要な資材を大きさごとに分ける機材

振動ふるい機などの機材を使って不要な廃棄物の大きさを選別していきます。大きさを分別することで、それぞれの作業をすぐに行なえます。

ふるい機を職場に導入するときに注意するべきことをランキング形式で紹介

no.1

購入後の修理にも対応してくれる

ふるい機は、工事や残土処理の現場で多く使われます。そのため、購入後に何か不備があったときに対応してくれる販売業者を利用する企業が多くあります。その中でも、保証内容が充実してる業者を探すのが最適です。

no.2

短期間のデモンストレーションをさせてくれるかどうか

作業効率アップやコスト削減のためにふるい機の導入を検討している企業にとっては、機材の性能や操作のしやすさは重要になります。その不安を解消するために、販売業者から機材を借りて使いやすさを確かめたいと思っている企業が多くいます。

no.3

修理やメンテナンスをすぐに行なってくれるか

専用機材を購入した後に故障してしまった場合に、修理依頼から対応までが迅速かどうかを確認する企業が多数あります。その理由は、故障している期間が長いほど作業ペースが落ちてしまうからです。それを回避するためにも、故障やメンテナンスをすぐに行なってくれる販売業者が多く利用されています。

no.4

請求した見積もりをすぐに出してくれるか

企業によってはいくつもの専門業者に見積もりを頼んでる場合が多いです。そうすることで、効率よく現場に最適な機材を購入できるのです。そのため、すぐに見積もりを出してくれる企業が重宝されています。

no.5

支払い方法が選べる

専用機材は値段が高いものが多く、購入を踏みとどまってしまう企業が少なくありません。そんなときには一括購入以外にリースで機材の料金を払うことができる販売業者が重宝されています。